1-2-3. 迷惑メールラベルの表示設定を変更する

Gmailは優秀な迷惑メールフィルタリング機能を備えていますが、まれに必要なメールが誤って迷惑メールと認識されてしまい、受信トレイに表示されないことがあります。
届くはずのメールが受信トレイに表示されない時は、迷惑メールラベルを確認する必要があります。
しかし、迷惑メールラベルはラベルリストで通常非表示になっているため、定期的に確認しやすくなるようにラベルリストに常時表示されるよう設定を変更します。
手順は下記の通りです。

1. 迷惑メールラベルは通常非表示になっていますが画面左側の「開く」リンクをクリックすると表示されます。(下図参照)
「開く」リンクをクリックしてください。




2.迷惑メールラベルが表示されます。
この迷惑メールラベルを受信トレイや下書きと同様に常時表示されるよう設定を変更するので、「ラベルの管理」リンクをクリックします。



3.ラベルの管理画面で、迷惑メールの列で「表示」リンクをクリックします。



4.迷惑メールラベルが、「開く」リンクの上に表示されたことを確認します。(常時表示されるラベルはラベルリストの「開く」リンクの上に並びます。)


以上です。


なお、ラベルリストまたはラベル管理画面「新しいラベルを作成」をクリックすると、任意の名前でラベルを追加作成できます。
そのラベルをラベルリストに常時表示させることも、上記と同様の手順で設定できます。